1.仕事への影響が出る辛い花粉症
朝起きれば、鼻がムズムズ、グズグズ。。。花粉が酷い季節になったら症状はより酷くなる。。。

 

1日に10回以上のくしゃみや鼻づまりが酷い中等レベル(レベル3)の花粉症の方は、仕事でも集中できないことが多々あるのではないでしょうか?

 

 

花粉症は対策をしないと、治るどころか悪化する方向へ進んでしまいます。

 

 

対策といっても、緩和することが目的の商品・薬(抗ヒスタミン薬)が多く、なかなか改善に大きな影響を与える商品は少ないようです。

 

 

薬は体に負担になるだけでなく、人により副作用が出ることがありますし、同じ薬では効き目が低下してきます。

 

 

 

2.自宅ですぐにできる花粉症対策!!

 

くしゃみ、鼻水の花粉症対策として、鼻洗浄が有名です。
鼻の中に入り込んだ花粉を洗浄することで、ムズムズ鼻をスッキリさせる効果が期待できます。

 

 

 

【鼻洗浄】
1.ぬるま湯を用意し小さじ一杯の塩を溶かします

 

2.下を向いたまま片側の鼻から食塩水を吸います

 

3.吸ったら、全て出し切ります

 

4.逆の鼻からも同じことを繰り返します

 

5.各2回繰り返して完了です(スッキリですね!)

 

 

 

3.生活習慣の改善により花粉症を和らげる!
辛い花粉症は、生活習慣を変えることで、時間はかかりますが長い目で見ると体質改善につながり軽減されることが多いと言われています。

 

【花粉症の症状改善5つのポイント】
1.酒量を減らす
血管が広がるため鼻詰まりの原因となります。お酒が好きな方はワインなどのポリフェノールを含んだお酒であれば、ビールや焼酎・日本酒よりは良いです。

 

 

2.タバコを吸わない
タバコは血流酸素の流れを悪くします。煙は粘膜にダメージを与えるので花粉症の悪化へとなります

 

 

3.スポーツをする
体を動かすことで筋肉量がアップし基礎代謝が増加し免疫力もアップします。さらにストレス解消となり体に良いです。

 

 

この他にもいくつも改善ポイントはありますが、この3つのうちに該当していることがありましたら、今の生活に取り入れることであなたの花粉症は大きく改善する可能性が高くなります。

 

 

もちろん、花粉症だけでなく体にとっても良いことばかりで相乗効果で体に良い異変が現れてくることは間違いありません。

 

 

4.甜茶(てんちゃ)で、効果を実感した人は14%以下!
現在、花粉症で悩んでいる人は多く、それに伴い最新治療もあります。鼻づまり対策のレーザー治療。数年かけて注射治療を行うアレルゲン療法など費用はかかりますが効果が期待できる治療が発達しています。

 

 

お金をあまり使用せずに対策できる方法として、これまでもいくつかありましたが、実際の効果はどうだったかご存知ですか?

 

実は、厚生労働省の公式HPにこういった民間療法の花粉症対策効果を公開しているページがあります。

 

 

※出典:厚生労働省ホームページより
=>http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/okamoto.html

 

 

このように花粉症で効果があると良く宣伝されている「甜茶(てんちゃ)」ですが、効果を実感できた人は、たったの14%という結果でした。

 

では、甜茶(てんちゃ)がダメなのか?

 

 

といわれると、それは違いますね。

 

 

効果を実感できた人と出来なかった人の差は、体質や継続性など色んな原因がそこにはあると思います。

 

 

甜茶(てんちゃ)は、中国の古くからある木の葉っぱで作られる甘いお茶のなんですが、花粉症に一定の効果が見られることがあったのは事実のようです。

 

 

甜茶の花粉症への影響力を大きくできないかと、とある研究期間が実験を繰り返したところ、「クマザサ」と「赤紫蘇」を混ぜることで、甜茶(てんちゃ)のパワーを引き出すことに成功しました。

 

 

これまで花粉症で悩んでいた方が、このミックスされたお茶を数日間飲み続けてみると、今までになかった爽快感に驚かれたそうです。

 

これまで花粉症に悩まされてきた自分は、一体なんだったのだろうか?

 

 

このお茶が、完全保証付きの低価格で購入できるチャンスですので、花粉症で苦しんでいるあなたは、一読してみると良いと思います。

更新履歴